「 動脈硬化予防に効く食べ物 」一覧

くるみの栄養価 効能

くるみの栄養価 効能

原産地ヨーロッパでは貴族の美容食として愛好されてきたくるみ。ヨーロッパ東南部からベルシア、そして中国へと伝えられました。中国でも美容食として高貴な人々に愛されたそうです。 このくるみを最も愛用していたのは西太后だったとか。長寿の西太后が、年をとっても肌がなめらかで、潤いがあったのは、くるみの力によるものだったのです。くるみをそのまま食べていたの ではなく、〝胡桃酪″という中国風のくるみのお汁粉を好んだといわれています。くるみには美容食としての力が秘められていたのです。 そのくるみの成分ですが、脂肪分、蛋白質、ビタミン類、ミネラルが主なもの。脂肪分は大半を不飽和脂肪酸、リノール酸が占めて...

しいたけの栄養価 効能

しいたけの栄養価 効能

生しいたけを乾燥することで作られる干ししいたけには、生のものと違ってビタミンDが多量で、香りやうまみ成分のグアニル酸もたっぷり含まれています。ゆえに、昔から珍重されてきましたし、原産地中国では不老長寿の食品の一つとして、中国料理の材料に大いに用いられてきたのではないでしょうか。 注目の成分ビタミンDですが、これは干ししいたけに含まれているエルゴステリンという成分が、日光により変化した状態なのです。そして、ビタミンDの身体への働きといえば、カルシウムやリンの吸収促進をし、骨を丈夫にし、発育させることなのです。骨は身体の支え構造。必要不可欠の栄養素といえましょう。

ごまの栄養価 効能

ごまの栄養価 効能

ごまの利用は古く、平安時代には主に寺院などでごまから油をしぼり、それを傷の手当てなどの薬用に使っていたことが知られています。その後、精進料理などに食用として使われたということです。そういえば、大きなお寺の門前のおみやげ屋さんにごまが売られているのを見かけますが、このような歴史があったというわけです。 ごまの原産地はインド、エジプトとか。ペルシアの商人によって中国に伝えられ、それから日本へと、奈良時代に渡ってきたようです。

大豆の栄養価 効能

大豆の栄養価 効能

食卓に頻繁に登場する食べ物、豆腐、納豆、おから、しょうゆ、みそ、豆乳といったものの原料が大豆です。大豆から作られたものはよく食べるけれど、大豆そのものはあまり食べることがない、という人は多いのではないでしょうか。加工食品を食べていれば、間接的に大豆を摂取することにはなるわけですが、できれば、たまには豆の王様、大豆も食べるようにしたいものです。 その理由は、もちろん大豆の持つ栄養成分にあります。大豆の成分は実に豊富です。蛋白質、脂質、糖質、ビタミンB群、E、カルシウム、鉄分、カリウム、少量のサポニンが含まれています。特に 〝畑の肉″ といわれているのは、主成分蛋白質

にんにくの栄養価 効能

にんにくの栄養価 効能

疲れたときに飲むドリンク剤には、ほとんどにんにくが配合されています。いまや、にんにくは疲労回復剤の代名詞ともいわれるほど、ポピュラーな野菜です。 中近東が原産地で、日本には10世紀ごろに中国から伝えられたといわれています。日本名を〝忍辱″といいましたが、それは、薬効のためには、お坊さんでもあの強烈なにおいを耐え忍んで食べるほどであったことからつけられたそうです。いかに、にんにくの薬効が強力か、想像できるようです。もちろん、この薬効については、エジプトやギリシャ、ローマなどでも古くから知られていて、〝においバラ″とか〝農民のための万能薬″などと呼ばれ、薬用に使われたそうです。ローマ兵士が出...