生姜の栄養価 効能

シェアする

新しょうがは谷中しょうが、根しょうがはひねしょうが、甘酢に漬けたしょうがはがり、梅酢に漬けたしょうがは紅しょうがと、呼び方がさまざまに変化するのが香味野菜しょうがです。昔から食用にも薬用としても用いられてきました。古くはハジカミと呼ばれていましたが、それは、食べると辛くて歯をかみしめるところから名づけられたとか。原産地はインド。三世紀ごろに日本に伝えられました。

独特の辛みと香りが持ち味ですから、食用、薬用ともにこれらの成分が利用されています。辛み成分は、ジンゲロン、油性ショウガオールで、臭み消しや強力な殺菌作用を持ち、吐き気を抑え、食欲を増進させる働きがあります。芳香成分は、シネオール、ジンギベレン、ジンギベロールが主なもので、これらには発汗、解熱、健胃、消炎、保温などの作用がありますから、風邪、下痢、腹痛、胃痛、肩凝りなどに薬効があるのです。

このような多くの薬効を持つことから、漢方でもしょうがを使った薬がいろいろ利用されているのです。しょうがの皮をむいて乾燥したものを〝生姜″、蒸して乾かしたものを〝乾姜〟と呼び、煎じて整腸、つわりや乗り物酔いなどに効き目をあげています。葉しょうがにもほぼ類似の薬効がありますので、これこそ台所での利用薬の材料に常備したいものです。

スポンサーリンク

風邪をすばやく治すしょうが湯

しょうがの発汗、解熱作用を利用します。しょうがの使い方は、風邪によりいろいろですが、いちばん早く効くのがしょうが湯です。平安時代は貴族の風邪薬だったそうです。
しょうが1かけ10gくらいをすりおろし、これに熱湯を加えてあつあつを飲みます。身体が温まり、汗が出て、熱が下がってきたら成功です。明日は大事なテストというときの、短期撃退法です。
忘れてならないのは、汗を吸収すること。肌着は多めに用意を。

また、せきやのどの痛みを伴うときには、これにはちみつを加えるとより効果的。あまりのどの痛みがひかないときには、別に、塩水にしょうが汁を加えてうがいをする方法もプラスしましょう。のどの痛みが早くよくなります。

熱が出たときは、くず湯のほうが早く効きます。くず粉を水で溶いて火にかけ、少しとろりと粘ってきたら、砂糖とおろししょうがを加えます。身体が温まり、ゆっくり休めば熱も下がり元気が戻ります。

夏バテぎみにはしぼり汁

夏バテで食欲がない、胃腸の調子がおかしい、下痢ぎみ、おなかが痛いなどのときには、しょうがの辛みと香りによる胃液分泌作用、消化作用、殺菌・消炎作用、食欲増進効果を利用します。
しょうが50~100gほどをすりおろし、そのしぼり汁をそのまま飲むか、お湯で割るか、ブランデーを少量加えるなどして飲みます。効き目が早く、効果ありです。

スポンサーリンク

胃痛によく効く黒焼き

胃痛、胃炎の場合にはしょうがの薄切りを焼いたものを利用します。胃痛や胃炎もそれほどひどくない、シクシク、チクチクといった痛みのときです。しょうがを薄くスライスしたもの5~6枚をアルミホイルに包んで焼きます。これを器に入れて上から熱湯をかけます。そして、上澄み液を飲むと、シクシクが治まってきます。

乗り物酔い、二日酔いにしょうが湯

車に酔ったときの吐き気を抑えるには、しょうが湯です。1かけをすりおろし、これに熱湯を注ぎ飲みます。胃のむかつきが治まり、気分もすっきりしてくることでしょう。乗り物に酔う人は、前もってミニポットにしょうが湯を用意していってはいかが。

冷え性にはしょうが酒

冷えからくる下痢や腹痛にはしょうが酒が効果的。保存できるので作りおきしては。
しょうが200gは皮をむき洗って薄くスライスします。保存瓶に、しょうが、氷砂糖100g、ホワイトリカー1.8ℓを入れ、ふたをしてそのまま保存。半年くらいしたらしょうがをガーゼでこし、出来上り。一日に盃1~2杯飲むと身体が温まり、下痢や腹痛が治まります。お湯で割っても、夏は氷を入れてもおいしいもの。

肩凝りに湿布

しょうがの消炎、保温作用は肩凝りにも効果ありです。湿布法で解消しようというわけ。
しょうがとにんにく1かけずつをすりおろし、これに小麦粉を混ぜて練り合わせます。耳たぶくらいのやわらかさにし、ガーゼに薄くのばし、肩凝り部分に湿布します。初めはひんやりしていますが、だんだん温かくなって、凝りが解消したように軽くなってきます。乾いてきたら取り替えます。神経痛にも利用できます。

神経痛、リューマチにしょうが風呂

しょうが200gを適当にスライスして布袋に入れ、お風呂に浸します。葉しょうがの季節には、茎も葉も刻んで使いましょう。身体が温まって少しは痛みが治まります。

打ち身にマッサージ

しょうがをすりおろしてしぼった汁を患部にすり込んでマッサージをします。ゆっくりとマッサージすると、しだいによくなります。

スポンサーリンク

シェアする